SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘SQL Server 2017’ tag

SQL Server 2017 CU2 で、on Linux のメモリ制限が 2GB に緩和されています

leave a comment

SQL Server 2017 CU2 で、SQL Server on Linux のメモリ制限が 3.25 GB から 2GB に緩和されています。

FIX: Minimum memory limit set to 2GB to install or start SQL Server 2017

各ドキュメントも更新が行われています。

Updating memory requirement to 2GB for CU2

Windows / Mac の Docker で使う場合などは、デフォルトの 2GB から変更する必要がありますよという説明をしていたのですが、CU2 からは説明しなくても大丈夫そうですね。

Written by masayuki.ozawa

12月 8th, 2017 at 7:09 pm

SQL Server on Linux のプライマリへの昇格の制御について

leave a comment

昨日、SQL Server 2017 CU1 の Linux 版の可用性グループの拡張 を書きましたが、プライマリへの昇格の制御について、少し補足をしておきたいと思います。

実際にはこの辺りは、Pacemaker のリソースエージェント経由での制御となっているため、独自のクラスター管理の仕組みを作るのでない限りは、あまり意識する必要はないかと。

詳細については ペースに対する SQL Server エージェントのリソースを理解します。 に記載されています。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

12月 7th, 2017 at 11:33 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2017 CU1 の Linux 版の可用性グループの拡張

leave a comment

ちょっとしたメモとして。

SQL Server on Linux でも可用性グループを構築することが可能ですが、RTM 直後の段階では、自動フェールオーバーが可能な状態で構築をするためには「SQL Server を 3 台で構成」する必要がありました。

詳細については、可用性グループの構成の高可用性とデータの保護 に記載されています。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

12月 6th, 2017 at 11:28 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

Windows エンジニア向け SQL Server on Linux のためのスキルアップデート (2017/12/02 版)

leave a comment

私は、今まで Windows 環境のみで業務を行ってきた関係で、Linux 系のスキルがかなり低く、SQL Server on Linux が出てきた当初は四苦八苦でした…。

今も四苦八苦ではあるのですが、似たようなスキルセットの方向けの情報発信てどうすればいいのだろうと悩みながら日々自分のメモを更新しており、直近の内容を一度公開してみました。

Windows エンジニア向け sql server on linux のためのスキルアップデート

他のメモもあるのですが、Linux 上の SQL Server を操作する際の最低限の情報として知っていた方がよいものを日々まとめておりますので、さらにまとまってきたら資料を更新したいと思います。

私と同様のスキルセットで、SQL Server on Linux を触る際に困っている方の一助となれば幸いです。

Written by masayuki.ozawa

12月 2nd, 2017 at 9:32 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2017 の自習書シリーズが公開されています

leave a comment

SQL Server の学習用コンテンツといえば「自習書シリーズ」ですが、SQL Server 2017 の自習書も公開されていました。

今回も SQLQuality さんが書かれており、今まで同様、とてもわかりやすい内容です!!
https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/documents-search で、SQL Server のカテゴリを表示するとダウンロードできます。

本日、時点では、

  1. SQL Server 2017 の新機能の概要
  2. SQL Server 2017 on Linux

の 2 種類の自習書が公開されており、第三弾としては、「SQL Server 2017 Mahine Learning Services」編を執筆中とのことです。
新機能概要でも、Keras と SQL Server 2017 の ML Services の組み合わせについても触れられており、かなり面白い構成になっていそうですね。

自習書ではありませんが、SQL Server 2017 に対応した Oracle から SQL Server への移行ガイド も併せて公開されていますので、こちらも一読しておくとよさそうです。

SQL Server 2017 もリリースされて一か月以上たちましたので、これからどんどん新しい情報が出てきそうですね。

Written by masayuki.ozawa

11月 27th, 2017 at 8:09 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

ML Services をインストールせずに、Revoscalepy を使用する (Ubuntu)

leave a comment

先日、ML Services をインストールせずに、Revoscalepy を使用する という投稿を書きましたが、Windows 版だけでなく、Linux 版でも ML Services をインストールすることなく、Revoscalepy を使用することができますのでメモとして。
(正確には、Linux 環境では ML Services ではなく、ML Server になると思いますが)

ドキュメントとしては、How to install custom Python packages and interpreter locally on Windows の Install on Linux の段落となります。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

10月 29th, 2017 at 11:51 pm

SQL Server 2017 CU1 がリリースされたので SQL Server on Linux のアップデートについてまとめてみる

leave a comment

SQL Server 2017 の最初の累積修正プログラム (Cumulative Update) となる、CU1 がリリースされました。

Cumulative Update #1 for SQL Server 2017 RTM

実際の変更内容は Cumulative Update 1 for SQL Server 2017 に記載されています。

Windows 版については、SQL Server® 2017 for Microsoft® Windows の最新の累積的な更新プログラム からダウンロードすることが可能ですが、Linux 版については、各ディストリビューションのリポジトリが更新され、CU が適用されたバージョンが追加されています。

2017/10/26 時点では、SQL Server on Linux の Docker コンテナーは CU1 のタグが切られていますが、Winodws 版はまだみたいですね。
https://hub.docker.com/r/microsoft/mssql-server-linux/tags/

今回は Ubuntu を例として、SQL Server on Linux の CU の適用についてまとめてみたいと思います。

詳細については Installation guidance for SQL Server on Linux を確認してください。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

10月 26th, 2017 at 11:28 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

ML Services をインストールせずに、Revoscalepy を使用する

leave a comment

ML Services は SQL Server 2017 Express Edition (Windows) でも使用できるので、Express Edition をインストールする際に ML Services を Python を含めてインストールすることで、Revoscalepy のパッケージをインストールすることができます。

しかし、環境によっては、ML Services をインストールしないで、Revoscalepy のパッケージを使用できるようにしたいというケースがあるかと思います。
(Linux については、現時点では、ML Services をインストールすることができないというのもありますが)

今回は ML Services をインストールせずに、Revoscalepy をインストールするための方法をまとめたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

10月 25th, 2017 at 10:55 pm

Posted in SQL Server

Tagged with ,

SQL Server 2017 のコンテナーサポートについてのメモ

leave a comment

SQL Server 2017 では、コンテナーをサポートするようになっており、コンテナーのイメージについては Docker Hub で公開されています。

Microsoft が公開しているリポジトリとしては次のものになる感じですかね。

Linux ベースの Docker コンテナーと Windows ベースのコンテナーの両方のイメージが公開されています。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

10月 5th, 2017 at 8:57 am

SQL Server 2017 が GA しました

one comment

各ブログでアナウンスされていますが、SQL Server 2017 が GA しました。

Azure VM のイメージも公開されています。

リリースノート等のドキュメントも更新されています。

Windows 版

Linux 版

Docker Hub のリポジトリも更新されていますね。

Docker 版については次の記載があります。

License

SQL Server Developer edition lets developers build any kind of application on top of SQL Server. It includes all the functionality of Enterprise edition, but is licensed for use as a development and test system, not as a production server. SQL Server Developer Edition cannot be used in a production environment.

I have read and agree to the SQL Server 2017 Developer Edition license terms located here

Docker のイメージを単純に Pull して実行した場合は、Developer Edition としてインストールされるのが注意ですね。

SQL Server 2017 on Linux: SQL Server 2017 now supports deployment on RedHat Enterprise Linux (RHEL), Ubuntu, and SUSE Linux Enterprise Server (SLES). The SQL Server 2017 SKUs are platform agnostic, so customers can run the software on either Windows or Linux.

Windows / Linux の購入方法は変わらないようですね。

コンテナのライセンスは、仮想マシンと同じ考え方っぽいですね。

ダウンロードはこちらから

Written by masayuki.ozawa

10月 3rd, 2017 at 7:18 am

Posted in SQL Server

Tagged with ,