SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘MSCS/WSFC(MSFC)’ Category

2008 以降のクラスターのクライアント アクセス ポイント作成時のちょっとした注意点

leave a comment

Windows Server 2008 以降のクラスターではクライアントアクセスポイント (CAP) で作成されるネットワーク名は Kerberos 認証が有効になっているため Active Directory 上に仮想コンピューターオブジェクト (VCO) としてコンピューターアカウントが作成されます。
# Windows Server 2003 はデフォルトの設定では Kerberos 認証が無効な状態だったので、ネットワーク名のリソースを作成してもコンピューターアカウントは作成されていませんでした。

SQL Server 2008 以降をクラスターインスタンスとしてインストールした場合もコンピューターアカウントが作成されたりするのですが。
# Windows Server 2003 のクラスター上に SQL Server のクラスターインスタンスをインストールした場合も作成されます。

クライアントアクセスポイントを作成する際にちょっとした注意点があるのでまとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

6月 6th, 2011 at 8:14 am

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

Tagged with ,

クラスター環境の SQL Server をクラスターサービスが停止した状態で起動する方法

one comment

前回、クラスター環境の SQL Server をシングルユーザーモードで起動 という投稿を書きました。
この投稿ではクラスターのサービス (Cluster Service) が起動した状態が前提となっていました。

今回はクラスターのサービスが起動しない状態になった場合に、クラスター環境の SQL Server を起動するための手順をまとめてみたいと思います。
# かなり無理やり起動させていますので、実施する場合は自己責任でお願いいたします。

本作業は 2 ノードクラスターで構成された環境で、1 ノードのみ起動した状態で実施しています。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 31st, 2011 at 8:27 am

Posted in MSCS/WSFC(MSFC),SQL Server

Tagged with

クラスター環境の SQL Server をシングルユーザーモードで起動

one comment

SQL Server の障害時はシステムデータベースのリストア時に SQL Server をシングルユーザーモードで起動することがあります。
シングル ユーザー モードでの SQL Server の起動
SQL Server サービスのスタートアップ オプションの使用

クラスター環境でない SQL Server の場合では、コマンドプロンプトから [sqlservr.exe –m] で SQL Server を起動させるか、SQL Server 構成マネージャーでスタートアップパラメーターに [-m] を指定します。
# SQL Server Agent や Reporting Services のサービスを停止していないと、これらのサービスがシングルユーザーモードの接続をとってしまうので注意が必要だったりしますが。
image

今回の投稿ではこのシングルユーザーモードをクラスター環境で実行するための手順についてまとめてみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 30th, 2011 at 11:23 pm

クラスター環境の Denali の IsAlive について

leave a comment

前回は、クラスター環境の SQL Server 2008 R2の LooksAlive / IsAlive 投稿しました。

SQL Server 2008 R2 までは、[SELECT @@servername] を実行することで IsAlive の検査が行われていました。
Denali では IsAlive の検査方法が変わっているので今回はその点についてまとめてみたいと思います。

このあたりの情報については Tech Ed North America 2011 の Denali のセッションで解説がされています。
Microsoft SQL Server Code-Named “Denali” AlwaysOn Series,Part 1: Introducing the Next Generation High Availability Solution

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 20th, 2011 at 10:29 pm

クラスター環境の SQL Server 2008 R2の LooksAlive / IsAlive

leave a comment

Denali でちょっと変更があるので、今のうちに SQL Server 2008 R2 までの LooksAlive / IsAlive について簡単にまとめておきたいと思います。
# 基本的には 2008 R2 以前のバージョンは動作は同じです。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 19th, 2011 at 11:27 pm

Windows Server 2008 以降でクラスター化された IIS を作成

leave a comment

Windows のクラスター (MSCS / WSFC) と Windows のネットワーク負荷分散 (NLB) は共存ができないため、クラスター環境で IIS を冗長化した構成で使う場合には、[汎用スクリプト] を登録してクラスター化された IIS を作成していました。

Windows Server 2003 までは、[C:WINDOWSSystem32inetsrv] の [ClusWeb.vbs] [ClusFtp.vbs] を使用していました。

Windows Server 2008 以降では、これらのスクリプトは使用できず以下の技術情報に記載されているサンプルスクリプトを使用します。
# 2008 では 2003 で使用していたスクリプトが含まれてしまっているのですが、使用せずに以下の技術情報 (KB970759) のスクリプトを使用します。 2008 R2 では含まれなくなっています。
IIS 7. 0 の WWW (World Wide Web 発行サービスは、Microsoft Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターで構成します。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 15th, 2011 at 6:46 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC),Windows Server

Tagged with ,

クラスター環境の SQL Server 2008 R2 のアクティブノードにパッチ適用した際に発生したエラーについて

leave a comment

前回はローリング アップグレードということで、パッシブ ノードからパッチを適用していました。
アクティブ ノードからパッチを適用したらどうなるのだろうと思って試してみました。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

12月 29th, 2010 at 1:57 pm

SQL Server 2008 R2 にローリング アップグレードでパッチ適用

leave a comment

TechNet フォーラムを見ていたところ SQL Server 2008 R2 のローリングア ップグレードを使用したパッチ適用についての投稿がありました。

そういえば、SQL Server 2008 以降のクラスタ環境ではローリング アップグレードのシナリオが追加されていたなということを思い出し、良い機会だったので試してみました。
# Tech・Ed 2009 のセッションでの話があったということをブログに書いていたのですが試していませんでした…。

技術情報としては以下の情報が参考になります。
# フォーラムに記載されていた技術情報になります。2008 R2 でも同じ手順になります。
SQL Server 2008 フェールオーバー クラスタにローリング更新プログラムおよび Service Pack を適用する方法

今回は使用しないのですが以下のような技術情報もあります。
FIX: Error message when you perform a rolling upgrade in a SQL Server 2008 cluster : "18401, Login failed for user SQLTESTAgentService. Reason: Server is in script upgrade mode. Only administrator can connect at this time.[SQLState 42000]"
SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスをアップグレードする方法 (セットアップ)

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

12月 28th, 2010 at 12:23 am

WSFC のバックアップとリストア その 3 – 全損時のサーバーのベース部分のリストア –

leave a comment

リストアですがまずは、サーバーのベース部分のリストアについてまとめてみました。
この手順に関してはクラスタ特有の内容はないですね。

■サーバーの全損の再現

全損状況の再現として、iSCSI の共有ディスクとして使用していた LUN は一度削除して再作成しています。
各ノードの内蔵ディスクに関しては、DISKPART で Clean を実行して一度クリアした状態にしてあります。

 

■サーバーのベース部分のリストア

サーバーのベース部分 (内蔵ディスク) のリストアに関しては通常のベアメタル回復と同じです。
今回の環境には、DHCP サーバーがあるため [NETSH コマンド] を使用した、IP アドレスの設定に関しては省略しています。
今まで、ベアメタル回復の手順はまとめたことがなかったのでこの機会にまとめてみました。

  1. OS のインストールメディアをセットし起動します。
  2. [次へ] をクリックします。
    image
  3. [コンピューターを修復する] をクリックします。
    image
  4. [以前に作成したシステム イメージを使用して、コンピューターを復元します。] を選択して、[次へ] をクリックします。
    image
  5. [キャンセル] をクリックします。
    image
  6. [システム イメージを選択する] を選択し、[次へ] をクリックします。
    image
  7. [詳細設定] をクリックします。
    image
  8. [ネットワーク上のシステム イメージを検索する] をクリックします。
    image
  9. [はい] をクリックします。
    image 
  10. バックアップの取得先を入力し、[OK] をクリックします。
    image
  11. 資格情報の入力が求められた場合は、資格情報を入力します。
    image
  12. リストアするバックアップを選択し、[次へ] をクリックします。
    image
  13. バックアップを選択して、[次へ] をクリックします。
    image
  14. [次へ] をクリックします。
    image
  15. [完了] をクリックします。
    image
  16. [はい] をクリックします。
    image 
  17. リストアが開始されます。
    image 
  18. [今すぐ再起動する] をクリックします。
    image
  19. ログイン画面が表示されればベース部分のリストアは完了です。
    image

上記の手順は、共有ディスクの所有者だったサーバーをリストアした場合のものになります。
共有ディスクの所有者でなかった場合、一部画面が表示されないことがありますが基本的な手順は同じになります。

次の投稿で、共有ディスクのリストアについてまとめていきたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

5月 3rd, 2010 at 4:28 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)

WSFC のバックアップとリストア その 2 – 全損時に備えたバックアップの取得 –

leave a comment

続いては全損時に備えたバックアップの取得です。

全損時に備えたバックアップとしてはクラスターの構成情報のバックアップだけでなく、共有ディスクのバックアップも
取得する必要があります。
共有ディスクのバックアップについていろいろと検証してみたところ、バックアップの設定に少し癖がありそうでした。

■共有ディスクのバックアップ取得の注意点

Windows バックアップで共有ディスクを選択することは可能ですが、バックアップのスケジューリング時に共有ディスクを
選択できるのは、設定時にディスクを所有しているノードだけになります。

image

上記の図のような状態になっている場合、共有ディスクのバックアップのスケジューリングを設定できるのは、[NODE-1] だけになります。
[NODE-2] に関しては、ディスクの所有者でないため、バックアップの取得対象として設定できません。

そのため、バックアップを設定したノードから共有ディスクがフェールオーバー等で移動すると以下の図のようなバックアップ取得となります。
image

このとき、Windows Server バックアップの GUI でスケジューリングをしていた場合 [NODE-1] で、スケジュールが実行されると
共有ディスクのバックアップは、[見つからないボリューム] として対象のボリュームのバックアップだけスキップされます。
# Windows Server バックアップの GUI でスケジューリング設定した [wbadmin] は [-template] というオプションで実行されます。
  このオプションで実行されているバックアップの場合、存在しないボリュームのバックアップはスキップされます。
image  image

 

この存在しないボリュームがスキップされるという動作ですが、wbadmin を [-template] のオプションで設定しているバックアップでないと、
存在しないボリュームのバックアップが実行されると一部のボリュームだけスキップされるという動作はされず、バックアップ全体がエラーとなってしまいます。
image 

 

■ディスクを所有しているノードを意識しないでバックアップを取得する方法

昨日まででここまでは検証ができていたのですが、ディスクを所有しているノードを意識しないでバックアップをスケジューリングする方法が
思い浮かばずに悶々としていましたのですが、ものすごい単純な方法で解決ができることについ先ほど気づきました。

以下の手順で、バックアップのスケジュールを設定すればよかったんですね。

  1. [NODE-1] が共有ディスクの所有者になるようにクラスタのリソースを移動
  2. [NODE-1] で [Windows Server バックアップ] を起動
    image
  3. [Windows Server バックアップ] の GUI の [バックアップ スケジュール] を実行
    image
  4. [サーバー全体] または、共有ディスクも含めてバックアップを取得するように設定
    image
    GUI からスケジュールを設定すると、タスクスケジューラには、[wbadmin.exe] を [templateId] というオプションで実行されるタスクが登録されます。
    image
  5. [NODE-2] が共有ディスクの所有者になるようにクラスタのリソースを移動
  6. [NODE-2] で [Windows Server バックアップ] を起動
  7. [Windows Server バックアップ] の GUI の [バックアップ スケジュール] を実行
  8. [サーバー全体] または、共有ディスクも含めてバックアップを取得するように設定

この方法でバックアップのスケジューリングをすると、共有ディスクを所有しているノードを意識せずにバックアップが取得できるようになります。

[NODE-1] が共有ディスクを所有している場合の動作
image

[NODE-2] が共有ディスクを所有している場合の動作
image 

気づいてみたら単純な方法ですね。
各ノードが共有ディスクを所有している状態でバックアップを設定すればよかったんですよね。

この方法でクラスターが全損した場合もリストアできる状態のバックアップを取得することができます。

次の投稿ではサーバー、共有ディスクが全損した状態からのバックアップのリストアまとめてみたいと思います。

Written by masayuki.ozawa

5月 3rd, 2010 at 2:13 pm

Posted in MSCS/WSFC(MSFC)