SE の雑記

SQL Server の情報をメインに Microsoft 製品の勉強内容を日々投稿

Archive for the ‘未分類’ Category

SQL Server 2016 CTP 3.0 提供開始されたようです

leave a comment

以下から DL できるようになりました。
ファイル名が CTP 3.0 になっていたので大丈夫かと。

評価版のダウンロード: Microsoft SQL Server 2016 Community Technology Preview 3.0

CTP 3.0 の情報についてはこちらから。
SQL Server 2016 Release Notes
What’s New in SQL Server 2016, October Update
Samples for SQL Server 2016 CTP3

Written by masayuki.ozawa

10月 30th, 2015 at 11:56 am

Posted in 未分類

Tagged with ,

お勧め

leave a comment

日々のメモ
https://hibinomemo.wordpress.com/

Written by masayuki.ozawa

6月 19th, 2015 at 1:23 pm

Posted in 未分類

Power BI Content Packs for SQL DB Audit が利用できるようになりました

leave a comment

Ignite の Overview and Roadmap for Microsoft SQL Server Security で紹介されていたのですが、「Power BI Content Packs for SQL DB Audit」が利用できるようになりました。

image

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

5月 13th, 2015 at 6:28 pm

Posted in 未分類

SQL Database v12 ではパーティション単位の Truncate が実行可能です

one comment

以前、SQL Database V12 Preview のパーティショニングを使ってみる という投稿を書いた際には気付かなかったのですが、v12 を勉強しなおしていて、SQL データベース V12 の新機能 を見ていて気づきました。

特定のパーティションの切り捨てできます。詳細については、「TRUNCATE TABLE (Transact-SQL)」をご覧ください。

 

TRUNCATE TABLE がパーティション単位の切り捨てを許可するようになっていたんですね。

日本語版の TRUNCATE TABLE のヘルプには記載されていなかったのですが、英語版には記載されています。
TRUNCATE TABLE (Transact-SQL)

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

4月 6th, 2015 at 10:43 am

Posted in 未分類

PowerShell で可用性グループの情報を取得した場合のリフレッシュについて

2 comments

SQL Server の PowerShell では、SQL Server の PS プロバイダー経由で可用性グループの情報を取得することができます。
AlwaysOn ポリシーを使用した可用性グループの正常性の確認 (SQL Server)
SQL Server PowerShell プロバイダー
Microsoft.SqlServer.Management.Smo 名前空間 

具体的には以下のようなコマンドで可用性グループの情報を取得できます。

Import-Module SQLPS -DisableNameChecking

Get-ChildItem SQLSERVER:\SQL\$($ENV:COMPUTERNAME)\DEFAULT\AvailabilityGroups\AlwaysOn-AG\AvailabilityReplicas

image

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

3月 24th, 2015 at 11:20 pm

Posted in 未分類

Tagged with

2014年のまとめ

leave a comment

WordPress.com 統計チームは、2014年のあなたのブログの年間まとめレポートを用意しました。

概要はこちらです。

ルーブル美術館には毎年850万人が訪れます。2014にこのブログは約1,700,000回表示されました。ルーブル美術館と同じだけの来場者が訪れるには約73日かかることになります。

レポートをすべて見るにはクリックしてください。

Written by masayuki.ozawa

12月 30th, 2014 at 1:34 pm

Posted in 未分類

マウスコンピューターの Stick PC m-Stick (MS-NH1) を購入しました

leave a comment

中華タブレットかどちらを買おうか迷ったのですが、周りで買っている人がいなさそうだった スティックタイプ型の PC m-Stick を購入したので軽くレビューを。

ちなみにこちら定価が 19,800 円ですので、これを上回っている場合には、定価より高いです。

基本的な製品情報については スティック型PC 「m-Stickシリーズ MS-NH1」をご確認いただければと。
スティックタイプの Android デバイスが今まであったかと思いますがその Windows 版と考えればいいのかと。
多分、そのうち中華タブならぬ Windows 版中華スティックも出てくるかと思いますが。

あと、毎度おなじみ回復ドライブの作成 → リストアも実施して、無事リストアできることを人柱として検証したことをご報告させていただきます。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

12月 24th, 2014 at 9:48 pm

Posted in 未分類

sys.dm_os_performance_counters の情報取得時の注意点

leave a comment

ぺんぺん師匠が先日の db tech showcase 2014 東京でお話しされていた内容になりますが、sys.dm_os_performance_counters の情報で /sec 系については情報の取得に注意点がありますのでメモとして。
# WMI で取得した場合も同様かと。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

11月 19th, 2014 at 1:30 pm

Posted in 未分類

SQL Database の新しいエディションの特性を調べてみる (2014/7 版)

leave a comment

以前、SQL Database の新しいエディションの特性を調べてみる という投稿をしました。

Azure SQL Database の更新情報: 新しいサービス レベルへの容易なアップグレード、パフォーマンスの向上、Basic データベースで PITR (ポイントインタイム リストア) をサポート、すべてのサービス レベルで自動エクスポートをサポート で紹介されているのですが、7 月になって Basic / Standard S1 / Standard S2 の DTU 数が変更され以下のようになりました。
image
image

日本語の情報はまだパフォーマンスの向上前の DTU 数になっていてので比較対象として使用しているのですが、上が向上前 / 下が向上後の DTU の情報となります。
Azure SQL データベースのサービス階層とパフォーマンス レベル
Azure SQL Database Service Tiers and Performance Levels

パフォーマンスレベル 向上前 向上後
Basic 1 5
Standard/S1 5 15
Standard/S2 25 50

Twitter を見ていたら、熊なのになぜか頻繁に猫と合成される数奇な人生を送るシグマクンから以下のようなお手紙をいただいていました。
# プライバシー保護のため一部モザイク化、モザイクの下に何があるかはご想像にお任せします m(_ _)m
image

ということでちょっと評価してみたいと思います。

Read the rest of this entry »

Written by masayuki.ozawa

7月 20th, 2014 at 12:42 pm

Posted in 未分類

第 3 回 PowerShell 勉強会の LT の資料を公開しました

leave a comment

週末に開催された 第 3 回 PowerShell 勉強会 で LT をする機会をいただきました。
私は、PowerShell で RDS の SQL Server の 診断情報を取得してみよう という内容で、仕事として対応させていただいている診断サービスの情報取得を RDS をターゲットとして PowerShell で取得できるかを試した際の内容をお話しさせていただきました。

といっても、SQL Server の診断のための情報は DMV からいろいろとれるので、Invoke-Sqlcmd 使ってクエリ実行すると何とかなりますよという内容だったりしますが…。

PowerShell から実行している SQL のファイルについては診断で私用しているものをベースにしていたため公開はしていませんが、PowerShell の部分に関しては公開させていただきましたので興味のある方がいらっしゃいましたらご覧いただければと思います。

Written by masayuki.ozawa

7月 14th, 2014 at 2:14 pm

Posted in 未分類